軽井沢高原文庫
有島武郎 軽井沢の文学

有島武郎

有島武郎(ありしま たけお) 明治11―大正12(1878―1923)

小説家。東京生まれ。学習院中等科を経て札幌農学校卒。若くしてキリスト教に入り、のち社会主義に関心をもった。志賀直哉や武者小路実篤らと同人雑誌「白樺」を創刊し、作家活動に入る。作品に『宣言』『カインの末裔』『生れ出づる悩み』『或る女』『星座』(以上、小説)『惜みなく愛は奪ふ』(評論)『一房の葡萄』(童話)などがある。(全集あり)

有島武郎が軽井沢を初めて訪れたのは1916年(大正5)8月のこと。以後1921年(大正10)を除き、毎年避暑に訪れ、1923年(大正12)6月9日、軽井沢三笠の別荘“浄月庵” (現在は軽井沢高原文庫に移築)において雑誌記者・波多野秋子と情死した。軽井沢を描いた作品に「信濃日記」「小さき影」など。軽井沢の夏季大学で2度、講演を行った。有島生馬(洋画家)、里見弴(小説家)はともに弟、三笠ホテル創業者・山本直良の妻・愛子は妹、森雅之(俳優)は長男。



bar
軽井沢高原文庫
TEL.0267-45-1175
FAX.0267-45-6626
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖202-3