軽井沢高原文庫
お客様の声
文学者の本物の文字をみせてもらいました。本日は時間が少なく、今度はゆっくりと又みせてもらいたいです。
毎年この時期に来ています。いつも思うのは、軽井沢は、文学と文学者の宝庫だということです。この高原文庫が、いつまでも続くことを願います。
            平成27年11月24日  (練馬区在住)

男性
軽井沢には今まで何度か来ました。この公園にも何度も来ているけれど、こんなにもたくさんまわれたのは初めてです。本はとても好きなので、原こうなどを見られてうれしかったです。
2015.11.7今日は寒くなりました。落ちついたふんいきでじっくり作家の実体にせまれます。S.I(千葉)
2015.11.6軽井沢には夏の音楽祭でよく訪れます。高原文庫を訪れたのは初めてです。昔の文豪の方々をしのぶことが出来、とても勉強になり良かったです。S.M(宮崎市)
11/1 わたしは「浅間山」が気に入りました。けしきがすごくきれいです。もうひとつ気に入った本は「かきの木がある家」という本です。どんな話なのかを知りたいです。
女性
2015.10.31 芥川先生の作品は素晴らしい!
2015.10.31 多くの文豪が軽井沢を愛していたんだなぁと感じました。
2015.10.19 立原道造の詩が少女時代から好きでした。その情景を一度見て、身を置いてみたくて来ました。
夢はいつもかへつて行つた
午さがりの林道を
齢69歳6ヶ月。孫のお食初めで上京し、ぐるっと廻って来ました。軽井沢の秋を満喫!

女性
昔の軽井沢のことがよく分かった
なつかしい名がいっぱいで、たのしいひとときでした
女性
9/29 室生作品読んでみます。静かで落ちつくところでした。
とてもよかったです。
大正大学から来ました。犀星の文机、座布団まで見られて楽しかったです。10月12日 Y
室生作品読んでみます。静かで落ちつくところでした。
犀星さん、可愛らしい字をかくんですね。私は字を大きくのびのびかくタイプなんです。
初めての軽井沢。お天気にもめぐまれ、沢山建物を見学。2.5人での旅行はゆっくりペースだったけど、楽しめています。初秋の軽井沢、思っていたよりもすごく良かった。
字の個性を見られるのは貴重ですね。また一つ、作品を深く味わえる気がします。
今年も軽井沢にやって来ました。もうかれこれ27年になります。そして旅の最後は高原文庫に寄ることが楽しみの一つです。(今年はどんな企画かな~と想いつつ)北陸新幹線が開通して、ひょっとして金沢ゆかりの人犀星では……と思っていたら案の定でした。感激しました。
初めて軽井沢に来たので、どんな所なのかなと思っていましたが、昔の人が書いたもの、作ったものに出会えてここがどんなに素敵な場所なのかわかりました。また機会があったら来たいです。
女性
文学・芸術の秘やかな聖地に、出逢いなおす。
ひと夏の涼しさが、心情と思考を深化させてくれます。

軽井沢はいい町ですね。
この人の思いがわかりました。
女性
金沢と軽井沢、文士たちの交流。いい企画でした。
男性
字がとってもむかしっぽかったので、びっくりしました。またいろんなことをしりたいです。
声がひびきました。
女性
「杏つ子」読んでみたいです。字がかわいかったです。
女性
昔むかし「婦人公論」だったかに、「私の愛した詩人たち」という続き物をお書きになっていて、とても面白かったのですが、その後ついぞ目にしません。この席の後の展示に紹介があり、懐かしく思いました。
60年前に読んだ「杏つ子」、大好きな一冊です。それと、「ふるさとは遠きにありて思ふもの…」ごくごく若い時の心へのひびき、今も持ちつづけています。暑い中、6000歩、歩いて来ましたが、本当に来てよかったです。
家族で来ました。
室生さんの字がかわいらしくて、とても印象に残りました。同じように思ってらっしゃる方が沢山いらっしゃるようです。軽井沢、もっとすずしいところだと思っていましたが、本日は少々、ムシあついですね。
また来たいです。ひぐらしが鳴いてます。

女性
bar
軽井沢高原文庫
TEL.0267-45-1175
FAX.0267-45-6626
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖202-3