軽井沢高原文庫
軽井沢高原文庫について
軽井沢の文学
ご利用案内
友の会のご案内
 1997年12月25日、中村真一郎館長が亡くなられ、その後継者として、翌98年に私が選ばれた。そして20年近くの年月がたった。
 高原文庫は、軽井沢という高原の自然を愛し、交友や文化活動の場として親しんでおられる方々のために、四季おりおりの活動をしてきた。小説家、詩人、音楽家、画家、写真家の一生と軽井沢とのかかわりを示す展覧会や講演会や朗読会は、ゆかりの文化人とその家族と高原文庫の熱心な協力の結果である。
 みなさん、これからもどうかよろしく。

軽井沢高原文庫 館長 加賀 乙彦

館長 加賀乙彦

新着情報・お知らせ

当館の今年の営業は本日11月30日をもって終了させていただきます。誠にありがとうございました。12~2月は冬季休館。 (2019/11/30)
朝日新聞2019.11.30朝刊に加賀乙彦展に関連する記事「加賀乙彦さん「永遠の都」戦争語る未来への「遺言」」(山脇岳志)が掲載されました。オピニオン。 (2019/11/30)
当館の今年の営業は11月30日までとなります。12~2月は冬季休館。 (2019/11/15)
10月27日、「《ふるさとと文学2019》立原道造の浅間山麓」(会場:軽井沢大賀ホール)が開催されました。 (2019/10/31)
本日より「四季派の人々~立原道造を中心に~」展がスタートしました。11月30日まで。会期中無休。 (2019/10/10)
信濃毎日新聞2019.10.8朝刊に宮森敬子個展(会場・有島武郎別荘)の紹介記事が掲載されました。東信。 (2019/10/08)
本日10月7日~9日まで3日間、展示入れ替え休館とさせていただきます。 (2019/10/07)
毎日新聞2019.9.14朝刊に辻邦生山荘見学会の関連記事「没後20年 辻邦生の軽井沢」が掲載されました。文化欄。 (2019/09/14)
9月13日から有島武郎別荘“浄月庵”で宮森敬子個展「ある小説家の肖像~生きているものと死んでいるものの間に~」を開催します。(~10/13。会期中無休) (2019/09/09)
9月7日、当館主催の辻邦生山荘見学会2019②が開催されます。(満席) (2019/09/01)

イベント・企画展


2020深沢紅子カレンダー「野の花」を通信販売いたします。このカレンダーは30年余り続く定番のカレンダーで、絵柄は毎年、すべて変ります。12絵柄、短冊形(サイズ42.0×18.9cm)。今回の各月の絵柄は、すいせん、つばき、わすれな草、シュノンソー、てっせん、玉あじさい、みぞそば、まつむし草、とうぐみ、しゅうめいぎく、つるうめもどき、エッフェル塔。定価は1600円(税込)。送料は3部まで560円~、4部以上は830円~。各都道府県によりそれぞれ異なります。
お申し込みは下記へ。なお、絵は後で切り取り額に入れて飾ってもいいですよ。

<お申し込み先>
軽井沢高原文庫
E-mail:kogenbunko@yahoo.co.jp 
FAX :0267-45-6626
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖202-3
bar
軽井沢高原文庫
TEL.0267-45-1175
FAX.0267-45-6626
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖202-3