軽井沢高原文庫
軽井沢高原文庫について
軽井沢の文学
ご利用案内
友の会のご案内
 1997年12月25日、中村真一郎館長が亡くなられ、その後継者として、翌98年に私が選ばれた。そして20年近くの年月がたった。
 高原文庫は、軽井沢という高原の自然を愛し、交友や文化活動の場として親しんでおられる方々のために、四季おりおりの活動をしてきた。小説家、詩人、音楽家、画家、写真家の一生と軽井沢とのかかわりを示す展覧会や講演会や朗読会は、ゆかりの文化人とその家族と高原文庫の熱心な協力の結果である。
 みなさん、これからもどうかよろしく。

軽井沢高原文庫 館長 加賀 乙彦

館長 加賀乙彦

新着情報・お知らせ

イベント・企画展

2016年10月14日(金)~11月30日(水)
明治から戦後にかけての軽井沢ゆかりの文学者約50人による、軽井沢を舞台に描いた詩・小説・随筆・戯曲・俳句・短歌など約200点あまりを、著作、原稿、書簡、初出紙誌、写真等の館収蔵資料で紹介しています。軽井沢の豊穣な文学の歩みを一望できます。
[構成]明治・大正、昭和初期、戦中・終戦直後、戦後(昭和20年代以降)の4部構成。
[主な紹介作家]有島武郎、正宗白鳥、室生犀星、芥川龍之介、片山廣子、北原白秋、志賀直哉、与謝野晶子、内村鑑三、野上弥生子、岸田國士、川端康成、堀辰雄、立原道造、津村信夫、野村英夫、片山敏彦、芹沢光治良、阿部知二、円地文子、吉川英治、井上靖、芝木好子、壺井栄、中野重治、佐多稲子、大原富枝、中村真一郎、福永武彦、後藤明生、辻邦生、遠藤周作、北杜夫、矢代静一、岸田衿子、谷川俊太郎ほか。
2016年9月5日(月)~11月30日(水)
会場:堀辰雄1412番山荘(軽井沢高原文庫敷地内)
地球上のあらゆる生物の中で最も種類の多いのが約100万種といわれる昆虫です。本展は昆虫標本とともに、北 杜夫、三木卓、芝木好子、鳩山邦夫の各氏ら、昆虫に関心を寄せた本を展示・紹介します。協力・新部公亮(日本昆虫協会理事)。
無料(要文庫入館料)

タイトルをクリックしてください。日本語・英語2種あり。

タイトルをクリックしてください。2016年のイベント概要がまとめられています。

2017深沢紅子カレンダー「野の花」を通信販売いたします。このカレンダーは30年ほど続く定番のカレンダーで、絵柄は毎年、すべて変ります。12絵柄、短冊形(サイズ42.0×18.9cm。左画像の中央部分が商品となります)。各月の絵柄は、すいせん、芽、さくら草、花みづき、ふじ、玉あじさい、野のゆり、はまなす、そばなとあざみ、おみなえし、しもつけ、からす瓜。定価は1600円(税込)。送料は2部まで400円、3部以上は600円~。お申し込みは下記へ。なお、絵は後で切り取り額に入れて飾ってもいいです。

<お申し込み先>
軽井沢高原文庫
E-mail:kogenbunko@yahoo.co.jp 
℡:0267-45-1175  FAX :0267-45-6626
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖202-3
bar
軽井沢高原文庫
TEL.0267-45-1175
FAX.0267-45-6626
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖202-3