軽井沢高原文庫
軽井沢高原文庫について
軽井沢の文学
ご利用案内
友の会のご案内
 1997年12月25日、中村真一郎館長が亡くなられ、その後継者として、翌98年に私が選ばれた。そして20年近くの年月がたった。
 高原文庫は、軽井沢という高原の自然を愛し、交友や文化活動の場として親しんでおられる方々のために、四季おりおりの活動をしてきた。小説家、詩人、音楽家、画家、写真家の一生と軽井沢とのかかわりを示す展覧会や講演会や朗読会は、ゆかりの文化人とその家族と高原文庫の熱心な協力の結果である。
 みなさん、これからもどうかよろしく。

軽井沢高原文庫 館長 加賀 乙彦

館長 加賀乙彦

新着情報・お知らせ

軽井沢高原文庫の今年の営業は2021年11月30日までとなります。12月1日~2022年2月28日まで冬季休館とさせていただきます。 (2021/11/19)
本日をもちまして当館敷地内の有島武郎別荘「浄月庵」1階カフェ「一房の葡萄」の今年の営業は終了いたします。1年間ありがとうございました。来年は2022年4月16日から営業開始予定です。 (2021/11/07)
当館敷地内にある有島武郎別荘「浄月庵」1階のカフェ「一房の葡萄」の今年の営業は11月7日までとなります(11/4は休業)。1年間ありがとうございました。 (2021/10/31)
本日(10/15)から当館展示室において「文学のふるさと・軽井沢―避暑地135年ものがたり―」展がスタートいたしました。11/30まで。会期中無休。 (2021/10/15)
10月12日~14日まで3日間、展示入れ替えのため、臨時休館させて頂いております。どうぞご了承ください。 (2021/10/14)
読売新聞2021.10.10日曜版「よみほっと」で軽井沢高原文庫敷地内に移築保存された堀辰雄1412番山荘などが紹介されました。 (2021/10/10)
夏季特別展「あさまのふもとの子どもの文学~衿子、桃子、俊太郎、、、~ 」の会期終了まで残り4日となりました。 (2021/10/08)
現在開催中の夏季特別展「あさまのふもとの子どもの文学~衿子、桃子、俊太郎、、、~ 」の会期終了まで残り2週間となりました。 (2021/09/28)
<重要なお知らせ>辻邦生山荘見学会2021②(9/4)、軽井沢文学さんぽ「追分文学散歩道を歩く」(9/11)、軽井沢再発見講座「あさまのふもとの子どもの文学者たち」(9/25)は、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、開催中止とさせていただきます。何卒ご了承ください。 (2021/08/18)
軽井沢新聞8月号(No218、2021.8.10)に、軽井沢高原文庫所蔵の堀辰雄が愛用した蓄音機が横浜市立大と共同で修復されたことを紹介する記事が掲載されました。 (2021/08/11)

イベント・企画展

2021年10月15日(金)〜11月30日(火) 会期中無休
軽井沢は明治から今日に至るまで、避暑地として多くの文人が訪れ、様々な作品に描かれてきました。今回は、避暑地・軽井沢の辿った1世紀を優に超える歩みを、主に文人たちの軽井沢における足跡と残された文学作品という側面から紹介しようとするものです。
取り上げる文学者は、有島武郎、正宗白鳥、室生犀星、芥川龍之介、北原白秋、川端康成、堀辰雄、立原道造、野上弥生子、岸田國士、芹沢光治良、中村真一郎、福永武彦、辻邦生、遠藤周作、北杜夫ら約50人。
詩・小説・随筆・戯曲・俳句・短歌などを中心に、著作、初出紙誌、自筆原稿、書簡、写真、絵画等約200点を展示しています。
今年は軽井沢が避暑地として始まったとされる1886年から数えて135年目にあたります。
2021年10月28日~2022年1月10日  12月~休館日有り(※要確認) 
会場:深沢紅子野の花美術館
深沢紅子(1903-1993)は、上京して岡田三郎助のもとで油彩画を学び、一水会展、女流画家展などに作品を発表するかたわら、軽井沢をこよなく愛し、1961年頃から1983年までの20年余、画家の夫・深沢省三と共に、軽井沢の堀辰雄1412番山荘(現在、軽井沢高原文庫に移築)を夏のアトリエとして過ごし、浅間高原に咲く多様な野の花を数多く描きました。秋展では「からすうり」「なつはぜ」「びなんかずら」など、浅間高原の秋を描いた水彩画など約30点のほか、「野の花」「よそおう」「縞のブラウス」などの油彩画約10点、墨絵、挿絵・装丁本等約20点を紹介いたします。
入館料:大人600円 小中学生300円/電話:0267-45-3662
2021年9月2日(木)~2022年1月10日(月) 12月~休館日有り※要確認
会場:ペイネ美術館
恋をする二人には、常に甘い時間が流れているものですが、そこには昼と夜という区別がつくもの。時間の移り変わりとともに、恋の姿も変わります。ひととき、恋人たちのそばにお邪魔しましょう。当館所蔵品から『木の下の恋人たち』(水彩)『月夜の蝶』(グアッシュ)『星狩り』『黄道十二宮』(リトグラフ)など約30点展示します。
入館料:大人(高校生以上)1000円 小人(小・中学生)500円(軽井沢タリアセン入園料含)/開館時間:9時~17時/電話:0267-46-6161
bar
軽井沢高原文庫
TEL.0267-45-1175
FAX.0267-45-6626
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖202-3