軽井沢高原文庫
イベント情報

軽井沢新道及停車場全景(大正初期)
2021年10月15日(金)〜11月30日(火) 会期中無休
軽井沢は明治から今日に至るまで、避暑地として多くの文人が訪れ、様々な作品に描かれてきました。今回は、避暑地・軽井沢の辿った1世紀を優に超える歩みを、主に文人たちの軽井沢における足跡と残された文学作品という側面から紹介しようとするものです。
取り上げる文学者は、有島武郎、正宗白鳥、室生犀星、芥川龍之介、北原白秋、川端康成、堀辰雄、立原道造、野上弥生子、岸田國士、芹沢光治良、中村真一郎、福永武彦、辻邦生、遠藤周作、北杜夫ら約50人。
詩・小説・随筆・戯曲・俳句・短歌などを中心に、著作、初出紙誌、自筆原稿、書簡、写真、絵画等約200点を展示しています。
今年は軽井沢が避暑地として始まったとされる1886年から数えて135年目にあたります。
会期中、軽井沢を愛した小説家・北杜夫の没後10年の命日を迎えます(10/24)。会場の一角に、「北杜夫と軽井沢」ルームを設けています。千ヶ滝の山荘で使用していた執筆用の机と椅子、三島由紀夫から結婚祝いにもらったペアのお酒、トーマス・マンの顔写真入りマグカップ等も飾りました。

※画像:はがき「軽井沢新道及停車場全景」(大正初期/原田雅純氏寄贈)より。

軽井沢高原文庫
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町長倉202-3
Tel.0267-45-1175
Fax.0267-45-6626 http://kogenbunko.jp

□交通:JR北陸新幹線・軽井沢駅、または、しなの鉄道・中軽井沢駅下車、タクシー約8分
上信越自動車道・碓氷軽井沢.I.C.より車で15分。
※会期中、次のバスが運行いたしますのでご利用ください。
〈急行塩沢湖線〉通年「軽井沢駅北口バスターミナル④番」→「塩沢湖」下車(有料410円)
〈町内循環バス(東・南廻り線)〉通年「軽井沢駅北口バスターミナル①番」→「塩沢湖」下車(有料200円)
bar
軽井沢高原文庫
TEL.0267-45-1175
FAX.0267-45-6626
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖202-3