軽井沢高原文庫
新着情報・お知らせ
あさって26日(土)18時半~、東京・虎ノ門の智美術館で、軽井沢演劇部朗読劇「ガリバー旅行記」が行なわれます。なお、このチケットはすでに満席となり、ご予約を締め切らせていただいています。主催は智美術館。これは8月8、9日に軽井沢の旧朝吹山荘「睡鳩荘」で4回行なった同テーマの東京版であり、東京と軽井沢という離れた地点での、美術館と文学館の連携事業であり、内容から言うと第4章を含む完結編。俳優も8月公演で都合で参加できなかった坂本岳大さんが加わり、山本芳樹さん、岩﨑大さん、矢代朝子さん、そして坂本さんの4人。公演は1回。「夢をつむぐ人 藤平伸の世界」という、京都の陶芸家の故・藤平伸(ふじひらしん)さんの陶芸展会場で行われます。
誠に恐れ入りますが、9/26(土)午後に予定されていた、夜空の昆虫展の関連イベントの新部公亮氏(日本アンリファーブル会)による講演「神話と星座と虫の名と」は、都合により中止とさせていただきます。新部公亮氏が栃木県職員であり、先日の北関東や東北の記録的豪雨による山くずれや崖くずれなどの対応に現在もあたっておられるため。どうかご了承ください。なお、堀辰雄山荘での夜空の昆虫展「神話と星座と虫の名と」は予定通り、11月30日まで開催いたしております。
9/20(日)、辻邦生・佐保子山荘内の学習院大学史料館による第4回資料調査が行なわれます。
現在、堀辰雄山荘で、夜空の昆虫展「神話と星座と虫の名と」を開催中です(~11/30)。この展示は、虫が好きだった室生犀星の展覧会にちなみ、ギリシャ神話の神々が星座となり、虫の学名になっていることを実物の昆虫標本で表現したものです。この展示を企画・作成した新部公亮さん(日本アンリファーブル会)によるミニ講演会を今月26日、開催します。お気軽にご参加ください。 

夜空の昆虫展「神話と星座と虫の名と」
[講師]新部公亮(日本アンリファーブル会)
[会期]2015年9月26日(土)14:00~~
[会場]当館2階展示室
[料金]入館料のみイベント参加無料
(※なお、当日、お話の時間中も、室生犀星展を見学できます。)
当館主催の秋のイベント、「文学散歩 晩秋の追分を歩く ~追分ゆかりの作家たち編~」(10/24)のご予約を現在、受付中です。晩秋の信濃追分をご一緒に歩いてみませんか? 堀辰雄、立原道造、福永武彦をはじめ、追分ゆかりの文学者のゆかりの場所を1時間半程度、ゆっくり巡ります。
「夜空の昆虫展」のチラシをホームページにアップしました。どうぞご覧ください。なお、この展覧会は日本ファーブル会の協力で行なっているものです。堀辰雄1412番山荘の3部屋を使用。
10/24 文学散歩「晩秋の追分を歩く~追分ゆかりの作家たち編~」を現在、予約受付しております。追分に点在する文学ゆかりの場所、作家ゆかりの別荘などを当館学芸員がご案内します。詳細はホームページをご参照ください。

[日時]2015年10月24日(土)午後1時~2時半 ※小雨決行
[講師]当館学芸員
※随時受付(電話、FAX、メールでお申し込み下さい。)
辻邦生山荘見学会(10/3分)は本日、予約を締め切らせていただきました。何卒ご了承ください。(なお、以後の受付はキャンセル待ちの分とさせていただきます。)
8/22(土)午後2時~、当館中庭で行なわれる高原の文学サロン「室生犀星を語る」のご予約を、現在、受付中でございます。内容は、小島千加子、室生洲々子両氏による対談です。
きょうから、堀辰雄山荘で、夜空の昆虫展「神話と星座と虫の名と」がスタートしました。「虫の学名の部屋」「ギリシャ神話の部屋」「鉄道の部屋」の3部屋を、順に見ることができます。昆虫標本18箱、額50ヶなど。文章・監修は奥本大三郎さん。ホメロス、ギリシャ神話、星座…、と文学、博物学、天文学等を総合した興味深い展示です。どうぞお出かけください。高原文庫のチケットで見学できます。11/30まで。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
bar
軽井沢高原文庫
TEL.0267-45-1175
FAX.0267-45-6626
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖202-3